講習の内容(一例)

「運転が久しぶり」、「免許を取って以来運転していない」の場合

〇第一段階
座席、ミラーの合わせ方、エンジンのかけ方、スイッチ類の使い方、アクセルやブレーキ、ハンドルの使い方などを車を動かす前に順番に思い出します。
 当スクールで事前に調査しておいた交通量の少ない練習しやすい道路で、インストラクターが助手席からハンドルやブレーキの補助をしながら、ゆっくりとした速度で実際の走行練習に入ります。
 まずは発進、加速、減速、停止までを繰り返し、その後、安全な場所に停車して曲がり方や車の幅、前後位置のとらえ方について、TMペーパードライバーズスクールオリジナルのテキストを見ながらイメージをつかんでいただき、右左等、曲がり方の練習に入ります。
 わからない点がある場合や、お疲れになった場合などは遠慮なくお申し出ください。安全な場所に停車してわからない点の説明をしたり、適宜休憩を取りながらお客様のペースに合わせて講習を進めていきます。
 お客様と相談しながら、自信がついてきたところで徐々に次の練習に進んでいきます。まずは運転の感覚をゆっくり思い出していきましょう。

〇第二段階
 少しずつ交通量のある道路での練習に入ります。
交通の流れのある道路で「どこを見る必要があるか」をつかんでいきます。まずは、周りの流れに合わせるよりも、ご自身が周りを見やすい速度や車間距離の取り方を覚えていきましょう。
 「ほかの車の迷惑になるのでは?」などの不安もあるかと思いますが、多少動きは遅くてもご自身が周りの状況をしっかり見ていくことが重要です。
 あまり焦らず「スムーズに走る」はもう少し運転に慣れてから考えましょう。




〇第三段階
 ご自身で必要な場所が見られるようになってきたら、「安全確認」の練習に入ります。ただ周りを「見る」だけでなく、「しっかり確かめる」にレベルアップしていきます。

〇第四段階
 「周りの状況を確かめられる」ようになったら、必要な時に止まれるように準備の仕方を練習します。交通事故のほとんどは「見ていなかった」、「見つけたけどブレーキが間に合わなかった」ことにより起きています。危険が起きてからではなく、危険が起きるかもしれないから準備をしておく必要があります。
 経験、知識の豊富なインストラクターが「こんな時はこんな準備」のパターンをできる限りお伝えしていきます。

〇第五段階 
 ここまでくればもう少しです。インストラクターからの助言を少なくしていき、ご自身で「見て」、「判断をしながら」練習をしていきます。
 わからない点、疑問等最終確認をしていただき、運転に自信がつけば講習は終了です。
 なお、講習終了後も運転に関する疑問、質問等があれば電話、お問い合わせフォームからいつでもご相談承ります。


(あくまで一例です。運転レベルには個人差がありますので、これらの内容を複数回に分けて進めていく場合もございます。また、講習をどのくらい受けるかはお客様の判断となります。当スクールから講習時間の延長を強要するようなことは一切ございません。ご自身で自信がついたらいつでも講習は終了できます。)

車庫入れ 駐車の練習

 TMペーパードライバーズスクールオリジナルテキストを使い、バックをするときに車がどんな動きをするのか、そのためにどのように前進すればよいのかを確認していきます。
 イメージができたところでまずはハンドルを回す場所、前進する場所の目印を作り、繰り返し練習します。

 慣れてきたら、目印の場所からずれてしまった場合の修正方法の練習に入ります。
 ご自身の車庫以外の場合(お店の駐車場等)もテキストを使ってイメージを作ります。残念ながらこうすれば必ず駐車できるといった誘導方法はありません。車の動きを見ながらその都度調節をする必要があります。TMペーパードライバーズスクールのオリジナルテキストを使えばこの調節方法が簡単に身につきます。
 「ここでハンドルを回す」のような画一的な方法ではなく、初めての駐車場でもご自身で調節しながら誘導ができる「応用力」を身に着けていただいて終了です。
 (あくまで一例です。講習をどのくらい受けるかはお客様の判断となります。当スクールから講習の時間の延長を強要するようなことは一切ございません。ご自身で自信がついたらいつでも講習は終了できます。)
東京都、埼玉県、神奈川県の出張ペーパードライバー講習
TMペーパードライバーズスクール  営業時間8:00~20:00
☎ 070-1541-6679

お問い合わせはこちら
運転練習に関するあらゆるニーズにお応えします。

ページの先頭に戻る