「危険防止運転」とは?

~「危険防止運転」とは ~


残念ながら「安全運転」という運転はありません。
車を動かした瞬間から危険は始まります。
これは「ベテランドライバー」も「ペーパードライバー」でも同じです。

ルールを守っても守らない相手がいれば危険になってしまいます。


令和3年中、

東京都内で起きた人身事故件数は27,623件、死傷者数は30,920人

埼玉県内で起きた人身事故件数16,707件、死傷者数19,995人

にのぼります。


道路ではたくさんの「人」「自転車」「車」が様々な速度、方向へ移動しています。タイミングが合えばぶつかってしまうのは当然です。

免許を取得した後「危険が起きてギリギリ止まれた」といった場面を体験できれば一番良い勉強になるのですが、そのような場面はほとんど起こらず、しかも一歩間違えば事故になってしまいます。逆に多少注意が足りない運転でも何も起きなければ「この運転で大丈夫」といった自信がついてきます。一人で運転しているとこのような学習が繰り返されます。


事故を起こしてしまった人も注意をしていたはずです。しかし、その注意の方法が間違っていても誰かからの指摘はありません。


危険をできるだけ減らすためにはルールをできる限り守るのはもちろんですが、

・どんな危険があるのか

・どこが危険なのか

・どうすれば防げるのかを

「知る」→「できる」→「習慣的に実行する」必要があります。


「安全運転」に近づける為、いつ危険が起きても止まれるように準備をしておく運転が「危険防止運転」です。

「今日の安全は必然ではなく、偶然。」を「今日の安全は必然。」へ


TMペーパードライバーズスクールはできるだけたくさんのドライバーの方に
「危険防止運転」
をお伝えし、交通事故のない社会の実現に貢献します。
東京都、埼玉県、神奈川県の出張ペーパードライバー講習
TMペーパードライバーズスクール  営業時間8:00~20:00
☎ 070-1541-6679

お問い合わせはこちら
運転練習に関するあらゆるニーズにお応えします。

ページの先頭に戻る